情報サービス基本方針

1.情報サービス基本方針書

当社が提供するサービスについて顧客の信頼を得るために、提供するサービスの「ノンストップ、ノーダウン、ノントラブル」を目指すものとする。  そのために、全てのサービスについて顧客と合意した「サービスの品質」を達成するために「ITサービスマネジメントシステム」を構築する。
経営者を含む全従業員は、本趣旨を理解し、当社のITサービスマネジメントシステムを熟知し、遵守しなければならない。

  • 全てのサービスに関する役割と責任を定める。契約と運用において組織的に且つ継続的に管理できる要員と体制を確立する。

  • サービスの創出・変更におけるリスクを特定し、アセスメント及び、管理のための取組みを行なう。

  • サービスのリスクを特定し、顧客とサービスレベルを定義し合意することでサービスの品質を担保する。

  • 全てのサービスについて継続的改善を行い、関係法令を遵守した契約を締結する。

  • サービスの提供と提供サービスレベルの向上のために、関係者全員へ手順の遵守と能力習得に必要な教育・訓練や普及活動を継続的に行なう。

  • 顧客と契約したサービス内容が適切に且つ継続的に履行できているかを監視するために、標準化したプロセス管理を行なう。

  • 顧客と契約したサービス内容が適切に且つ継続的に履行されているか定期的な内部監査を実施して評価を行ない、発生した課題の是正措置を講じる。

  • 情報セキュリティに関する事項は、情報セキュリティ基本方針書を遵守するものとする。

2.ISO20000-1適用範囲

適用範囲 第一センターを含む本社施設及び第二センターにおけるインターネットデータセンター事業に関するITサービスの業務運用及び管理全般

3.施行年月日

2009年4月1日から施行する。

株式会社 佐賀IDC
代表取締役社長 森木 武