認証・準拠

ISO/IEC27001とISO/IEC20000-1 取得の目的

昨今のネットワーク技術の進展は、行政部門においてユビキタス社会を目指した活動を後押しし、ASP/SaaS/PaaS/IaaSなどのサービスが多く活用されています。企業においても広域企業インフラ構築に加えて通信速度の向上でICT化が急速に進みました。

一方で、重要なデータを取り扱うものについては、個別のシステムを構築して安定稼動することも望まれています。また、個別の団体・施設・企業ではICT化が予想以上に進んだことで維持・運用が困難になるなどの問題が顕著になりました。

問題解決方法のひとつに社会的情報ネットワーク基盤を提供する「IDC=インターネットデータセンター」があります。

佐賀IDCでは、様々なニーズに対応するには、社会・公共・民間の様々なシステムを「ノンストップ・ノーダウン・ノントラブル」でサービス提供する社会基盤の確立が不可欠と考えています。佐賀IDCは堅牢なファシリティと強固なセキュリティ、更に専門スキルを取得した技術者による運用を実施するためのポリシーおよび具体的・効果的な社内管理システムとして「情報セキュリティマネジメント」を構築しました。また、「情報セキュリティマネジメント」の活動において「情報サービスマネジメント」を取得することで、顧客への適切な対応を実施、供給者の活動を監視してサービス品質を確実なものにしています。

両マネジメントシステムの認証取得は、当社の社会的な使命を継続的且つ効果的に実施することを社内・社外に宣言するものです。両マネジメントシステム適合性評価制度の継続的な認証を維持し、お客様に対する「ノンストップ・ノーダウン・ノントラブル」を目標としたサービス提供を行なうことを約束いたします。

 

image0019105029750_085548

国際規格 ISO / IEC20000-1:2011 JIS Q 20000-1:2012 認証取得​
国際規格 ISO / IEC27001:2013 JIS Q 27001:2014 認証取得

2005 年 04 月 25 日 ISMS 認証基準 Ver2.0 英国規格 BS7799Part2-2002 認証取得
(2007年5月25日 ISO/IEC27001:2005に移行)
2007 年 05 月 25 日 国際規格 ISO / IEC27001:2005 JIS Q 27001:2006 の認証取得
(2015年9月30日 ISO/IEC27001:2013に移行)
2009 年 07 月 07 日 国際規格 ISO / IEC20000-1:2005 JIS Q 20000-1:2007 の認証取得
(2014年2月20日 ISO/IEC20000-1:2011に移行)
2014 年 02 月 20 日 国際規格 ISO / IEC20000-1:2011 JIS Q 20000-1:2012 認証取得
2015 年 09 月 30 日 国際規格 ISO / IEC27001:2013 JIS Q 27001:2014 認証取得